FC2ブログ

2016年 TEACCHプログラム研究会 講演会

今日は 2016年 TEACCHプログラム研究会 講演会でした。

今回ご登壇いただいた澤先生が
『日本で一番、特別支援教育が行われているところ!』と評される
スペシャルゲストもお迎えしての講演会でした。

今回のテーマは
「成人期の自立した生活に向けて、
今すべきこと・すべきでないこと」

と題して、社会福祉法人 南山城学園 法人本部障害事業局 アドバイザー
(前 京都市発達障害者支援センター 副センター長)の
澤 月子 氏に直球で真正面から語っていただきました。

澤先生の多岐に渡る支援現場から体得されてきたことを
ズバズバと気持ちいいくらいの語り口調でお話していただきました。

タイトルからも多くの人が関心を寄せるであろう内容で
私自身、とても興味のあるお話で、あっという間の1時間あまりでした。

エッセンスとなるお話、ポイントとなるお話はここで書くわけには参りませんが
耳が痛くなるお話あり、関心するお話あり、また未来に向けて明るい気持ちになることができる
お話でもありました。

もっとお話を聞き続けていたかったのですが、
今回はスペシャルゲストの方にもお話をしていただきました。

そのスペシャルゲストとは・・・
京都医療少年院 法務教官の方(お2人方)でした。

澤先生曰く
『日本で一番、特別支援教育が行われているところ!』
と評されるにふさわしい、本気の支援がそこにありました。

『絶対に落ちこぼれを作らない。次に行くところがないから』
という『覚悟』を持って支援されているお姿には本当に頭が下がる思いでした。

法律の壁、前例がないからという壁、
それら内向きな問題にも対峙せねばならない現実。
支援を必要とする子供たちには全く何も関係のない問題なのに・・・

そんな問題をも乗り越えて、
支援を必要とする子供たちのために頑張っておられる姿に
ただただ関心させられるばかりでした。

今回は、門塾と日程がかぶってしまうというアクシデントがあったにもかかわらず
多くの方がご参加くださり、感謝いたしております。

ありがとうございました。

スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
お問い合わせ、入会希望は

kteacch@gmail.com

までお気軽にメールしてください。


入会案内詳細は 
カテゴリ内の『入会案内』をクリックしてください。

   ↓↓↓

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR