スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEACCHコラボレーションセミナー 2016

中


2年に1回のコラボレーションセミナーが20、21日に開催されました。

アメリカからマリー・バーがディン博士にお越しいただき
ASDと併存する「不安」のある人への理解と対応についてと、
感情理解を促進し、対処方法を身につけ、不安に直に向き合うことにによって
不安を治療する という内容について講演いただきました。

この問題は、知的に遅れの無いASDの方に特に多くみられる問題で
喫緊の課題とされている方が多くいらっしゃり、
受講者される方が多かったことからも関心の高さがうかがえるものでした。

お話内容は、系統だった取組のご紹介で、具体例も多くとても分かりやすく
ヒント、気づき、コツなど、本当に学びの多いものでした。

2日目は、日本各地の先生方からの実践報告がありました。
どのお話も学びになるものでしたが、個人的に印象に強く残っているのは
自殺企図のあるASD男児への支援のお話でした。

本当にその人の生涯に大きな影響を与えることになりますので
ドクター・支援者は責任が重く、大変であるとともにやりがいのある仕事だなぁと
感じました。

だからこそ、本気で学び続ける必要があると再認識いたしました。


スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
お問い合わせ、入会希望は

kteacch@gmail.com

までお気軽にメールしてください。


入会案内詳細は 
カテゴリ内の『入会案内』をクリックしてください。

   ↓↓↓

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。